心から感謝しています。
NHK歌のお姉さんとして
歌わせていただくようになって
一番悩んだのは、
オペラ調な声を子どもたちに届く音楽に変えることでした。

今でも忘れません。
初めての福田和禾子先生のレッスンで
否定し続けた自分の声を初めて受け入れることができました。
頭で考えすぎる私の歌を
先生は音符を物語のように演出してくれて
イメージを膨らませて、私が感覚で歌えるように
ご指導してくださりました。
子どもに伝えるお歌はこういう風につくっていくんだと!
ふっと目の前が明るくなったことを覚えています。

「歌はみ~んな上手になるのよー!」
笑顔でおっしゃった福田先生のお顔が忘れられません。

突然の訃報。
今でも正直、信じられません。
お通夜では、先生の愛車も一緒でした。

先生のお言葉を忘れず、歌っていかなければと
引き締まる思いがしています。
福田和禾子先生のご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by kabontyan | 2008-10-08 22:04 | コンサート&イベント
<< 間に合わない女 ふぅ~ >>